太陽系の惑星の質量比較

太陽系には八つの惑星があります。それぞれの惑星の質量を書くと次のようになります。kgだけでは実感が湧きにくいので、地球との比率(地球の何倍か)も書いてあります。一番下には参考のため太陽の質量も示しました。

  • 水星 0.33×1024kg。地球の0.06倍
  • 金星 4.87×1024kg。地球の0.82倍
  • 地球 5.97×1024kg。
  • 火星 0.64×1024kg。地球の0.11倍
  • 木星 1898.13×1024kg。地球の317.8倍
  • 土星 568.32×1024kg。地球の95.2倍
  • 天王星 86.81×1024kg。地球の14.5倍
  • 海王星 102.41×1024kg。地球の17.2倍
  • 太陽 1989100×1024kg。地球の33万3060倍

太陽系の惑星で最も重いのは木星、次が土星です。「巨大ガス惑星」と呼ばれるこれら二つの惑星は、半径でも上から1番目と2番目になります。

3番目に質量が大きいのは海王星、4番目は天王星になります。これらは「巨大氷惑星」と呼ばれる惑星です。両者を半径で比べると天王星(半径2万5362km)が3番目、海王星が4番目(半径2万4622km)になりますが、質量では逆転して海王星が3番目、天王星が4番目になります。

5番目以降は岩石惑星(地球型惑星)です。岩石惑星の中では地球が最も重く、次に金星が続きます。地球と金星は半径も質量も似ています。7番目が火星で地球の10分の1ほど、最も質量が小さいのは水星で地球の20分の1ほどにです。

太陽系の惑星を質量の大きな順に並べると、木星、土星、海王星、天王星、地球、金星、火星、水星となります。半径の順に並べたものと比べると、天王星と海王星が逆になる以外は同じ順番です。

(参考記事)太陽系の惑星の大きさ比較太陽系の各惑星の表面温度の比較太陽系の衛星 大きさトップ10

(参照)NASA Solar System Exploration