金星

太陽系

太陽系の惑星の質量比較

太陽系には八つの惑星があります。それぞれの惑星の質量を書くと次のようになります。kgだけでは実感が湧きにくいので、地球との比率(地球の何倍か)も書いて...
太陽系

噴出物に囲まれた金星のバック・クレーター

この画像に映っているのは、金星にあるバック・クレーターです。NASA(アメリカ航空宇宙局)の金星探査機マゼランが、1990年9月26日〜27日にかけて...
太陽系

太陽系の惑星の大きさ比較

太陽系の八つの惑星の大きさを比較したイラストを、各惑星の半径の数値とともに紹介。地球と比べたときに各惑星がだいたい何倍くらいの大きさなのかも紹介しています。
太陽系

NASA特製太陽系ポスターデータ 〜 金星 バージョンB

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、太陽系の天体をメインビジュアルとしたポスターのデータを公開しています。さまざまな天体のポスター用データがありますが...
太陽系

ソーラー・オービターがフライバイ時にとらえた金星

2021年8月9日、ESA/NASAの太陽探査機ソーラー・オービターが金星でフライバイを行い、金星表面から7995kmのところを通過しました。上のアニ...
太陽系

ベピコロンボの2回目の金星フライバイ時のアニメーションが公開された

アストロピクスでは先日、日欧共同の水星探査機ベピコロンボが2回目の金星フライバイの際に撮影した画像を1枚紹介しました。今回は、フライバイ時の一連の画像...
太陽系

水星探査機ベピコロンボ、間近から金星を撮影! 2回目の金星フライバイ時の画像が公開された

日欧共同の水星探査ミッション「ベピコロンボ」は、2021年8月10日に金星でのフライバイ(スイングバイ)を行いました。画像はその際に撮影されたもので、画面左側に大きく金星が映っています。
太陽系

2021年8月10日、水星探査機ベピコロンボが2度目の金星フライバイへ

日本とヨーロッパ共同の水星探査機ベピコロンボ(BepiColombo)が、2021年8月10日に金星でフライバイを行います。金星への最接近は8月10日22時48分(日本時間)で、高度550kmまで金星に接近します。
太陽系

気球を使って地震を検出! 将来の金星での地震探査に向けた技術開発が進む

地球の一つ内側を公転する金星は、大きさや密度が地球と似ており、「双子星」と呼ばれることもあります。その金星では、火山活動や地震は起きているのでしょうか。 ...
太陽系

金星のキホン 〜 分厚い大気による温室効果で表面は470℃の灼熱地獄

太陽系の惑星についての基本的な事柄を不定期で紹介していくシリーズの第2弾。今回は金星を紹介します。金星は太陽系第2惑星で、地球の1つ内側を公転しています。「明...
太陽系

ESAの金星探査機EnVision、2030年代初頭に打ち上げへ

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の科学プログラム委員会(Science Programme Committee)は6月10日、ESAのMクラス(中規模)ミ...
太陽系

NASA、2機の金星探査機を2028〜30年に打ち上げへ

NASA(アメリカ航空宇宙局)は2021年6月3日、ディスカバリー計画の新たなミッションとして2機の金星探査機を選定したと発表しました。1つは「DAVINCI...