アストロピクス「銀河宇宙」関連記事

アストロピクスで掲載した「銀河宇宙」関連の記事のリストです。宇宙望遠鏡などが撮影したさまざまな銀河や、多くの銀河が集まった銀河団のほか、銀河中心にある超巨大ブラックホールの話題などを取り上げています。

銀河宇宙

スピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたアンドロメダ銀河

この画像はアンドロメダ銀河をとらえたものです。2020年に運用を終えたスピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線で撮影したもので、赤く見えているのは主に塵からの赤外線です。...
銀河宇宙

入り乱れた塵が特徴的なレンズ状銀河NGC 4753 ハッブル望遠鏡が撮影

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたレンズ状銀河NGC 4753です。レンズ状銀河は、渦巻銀河と楕円銀河の中間のタイプの銀河です。 画像はNG...
銀河宇宙

ハッブル望遠鏡がとらえた、おとめ座のセイファート銀河NGC 4951

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 4951です。NGC 4951はおとめ座に位置しており、地球から約5000万光年離れたとこ...
銀河宇宙

星形成の工場の銀河UGC 9684 ハッブル望遠鏡が撮影

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河UGC 9684。うしかい座の方向、2億4000万光年の距離にあります。2024年5月6日に公開されたハッブル望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」。
超大質量ブラックホール

ブラックホールに落ちたらどんな景色が見えるのか NASAが可視化して再現

ブラックホールに落ちて行くときにどんな光景が見えるのか。それを再現した映像をNASAが公開しました。事象の地平面の内部まで落ちて行くケースと、地平面の外まで接近したのちに戻ってくるケースの2通りのシミュレーションです。
恒星質量ブラックホール

ブラックホールの「大きさ」とはどこの長さ? 超大質量ブラックホールはどれくらい大きい?

ブラックホールの大きさをいうとき、よく質量で語られます。ではブラックホールの半径はどれくらいか分かるでしょうか。そもそも半径はどこの長さのことを指すのでしょうか。太陽の何億倍もある超巨大ブラックホールの半径は、いったいどれくらいなのでしょうか。
銀河宇宙

おとめ座銀河団の矮小銀河IC 776 ハッブル望遠鏡が撮影

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した矮小銀河IC 776です。IC 776は、おとめ座銀河団を構成する銀河の一つで、地球から約1億光年離れたと...
銀河宇宙

かつて「ガラス」でとらえられた銀河の1つ渦巻銀河ESO 422-41 ハッブル望遠鏡が撮影

この画像はハッブル宇宙望遠鏡がとらえたもので、渦巻銀河ESO 422-41が映っています。ESO 422-41は、はと座の方向、約3400万光年の距離にあります...
銀河宇宙

中央の塵が特徴的な、かみのけ座の「黒眼銀河」

この画像に映っているのは、「黒眼銀河」ともよばれる渦巻銀河M64(NGC 4826)です。M64は、かみのけ座の方向、およそ1700万光年の距離にあります。中央...
銀河宇宙

中心が明るく輝く棒渦巻銀河NGC 3783 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影

この画像はハッブル宇宙望遠鏡がとらえたもので、棒渦巻銀河NGC 3783が映っています。NGC 3783は、ケンタウルス座の方向、約1億3000万光年の距離にあ...
銀河宇宙

銀河どうしの合体で大きく変形した銀河ESO 99-4

この画像はハッブル宇宙望遠鏡が撮影したもので、中央に銀河ESO 99-4が映っています。ESO 99-4は、みなみのさんかく座の方向、約4億光年の距離にあります...
銀河宇宙

スターバースト銀河M82の中心部をジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が観測

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡により、スターバースト銀河M82が観測されました。M82は、おおぐま座の方向、約1200万光年の距離にあります。比較的小さな銀河ですが、天の川銀河の10倍もの速さで激しい星形成活動が生じている銀河です。その銀河の中心領域がこれまでになく鮮明に映し出されました。
記事をシェアする