木星

木星

ジュノー探査機がとらえた木星の大赤斑のクローズアップ

木星の南半球には「大赤斑」と呼ばれる高気圧性の巨大な渦があります。その大きさは地球が丸ごと1個入ってしまうほど。この画像は、その大赤斑をNASA(アメリカ航空宇...
木星

ボイジャー2号がとらえた木星の衛星ガニメデ

この画像は、木星の衛星ガニメデを、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー2号がとらえたものです。木星への最接近の2日前、1979年7月7日に撮影さ...
木星

木星の上層大気は意外と複雑だった ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が観測

上の画像の左側は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がNIRCam (近赤外線カメラ)で木星全体をとらえたもので、右は南半球の大赤斑周辺をNIRSpec(近赤外線分...
木星

木星の大赤斑の形成は約190年前か 17〜18世紀に観測された巨大斑点とは別物らしい

木星の南半球にある巨大な渦模様「大赤斑」は、17〜18世紀に大赤斑と同じ緯度で観測され「パーマネントスポット」と名づけられた巨大渦模様とは別物らしいとする研究が発表されました。
木星

木星の衛星エウロパ表面の「そばかす」 ガリレオ探査機が撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のガリレオ探査機が木星の衛星エウロパの表面をとらえたものです。筋状の地形のほか、赤みがかった斑点状の部分や、浅い穴など...
木星

木星の北半球の渦巻く雲 ジュノー探査機が撮影

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえたもので、木星の北半球の渦巻く雲が映っています。 画像に映る領域にはさまざまな雲が渦巻いてお...
木星

ジュノー探査機がとらえた木星の衛星エウロパの高解像度画像が公開された

ジュノー探査機は2022年9月29日、エウロパの表面から355kmまで最接近しました。その際、2000年に行われたガリレオ探査機による最後のフライバイ以来となるエウロパの高解像度画像が撮影されました。
木星

木星の熱帯域に広く点在した幅50km、高さ50kmの「小さな」雲をジュノー探査機がとらえた

NASA(アメリカ航空宇宙局)のジュノー探査機がとらえた木星のこの画像には、南半球の熱帯地域に広く点在する小さくて明るい雲が映し出されています。ただ小さいといっ...
木星

ジュノー探査機がとらえた木星と小衛星アマルテア

この画像には、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえた木星が映っています。2024年3月7日、ジュノー探査機が59回目の木星フライバイを行っ...
木星

ジュノー探査機が3つの異なる波長で見た木星の北極周辺の渦

NASAのジュノー探査機が異なる3波長で木星の北極を捉えました。可視光や赤外線の画像からはいくつかある低気圧が似ているように見えますが、雲の下の方までわかるマイクロ波で得られた画像を見ると違いがあることがわかります。
木星

すばる望遠鏡が赤外線でとらえた木星とリング

この画像は、すばる望遠鏡が木星とそのリングを赤外線でとらえたものです。 IRCS(近赤外線分光撮像装置)という観測装置で撮影されました。 惑星のリングといえば土...
木星

ジュノー探査機がとらえた木星の大赤斑の真横の乱流

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のジュノー探査機が木星の大赤斑付近をとらえたものです。大赤斑の東側の乱流が映し出されており、大赤斑の赤い雲の一部が引き...
記事をシェアする