星雲

星団

干潟星雲内にある散開星団NGC 6530 ハッブル望遠鏡の「今週の1枚」

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が散開星団NGC 6530の一部をとらえたものです。NGC 6530は、いて座の方向、約4350光年の距離にあります。ガスと塵の巨...
惑星状星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた南のリング星雲とその形成シナリオ

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえた南のリング星雲の画像が新たに2点公開されました。異なるフィルタを通してみることで違う姿が見えてきます。また南のリング星雲の形成には、5つの星が関係している可能性があるようです。
星雲

ウェッブ望遠鏡がとらえた「創造の柱」(近赤外+中間赤外)

この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、わし星雲(M16)にある「創造の柱(Pillars of Creation)」と呼ばれるガスと塵の柱状構造をとらえ...
星雲

赤外線で見たオリオン星雲 3つの宇宙望遠鏡のデータから作られた最新画像

この画像に映っているのは、赤外線でとらえられたオリオン星雲です。3台の宇宙望遠鏡の過去のデータをもとに新たに作成され、2022年11月22日にNASA(アメリカ...
星雲

オリオン座の炎星雲のクローズアップ

この画像に映っているのは、オリオン座にある星形成領域である「炎星雲(火炎星雲)」のクローズアップです。NGC 2024とも呼ばれる炎星雲は、地球から1300光年...
惑星状星雲

ハッブル望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC 6826

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が惑星状星雲NGC 6826をとらえたものです。NGC 6826は、はくちょう座の方向、2200光年の距離にあります。 太陽程度の...
星・星雲・星団

原始星が作り出した「砂時計」 ウェッブ望遠鏡が撮影

この画像は、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がNIRCam(近赤外線カメラ)でとらえたもので、星形成領域L1527の原始星が映っています。L1527は、おうし座の...
星雲

「創造の柱」を宿す「わし星雲」 WISEが撮影

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEがとらえたもので、星形成領域である「わし星雲」が映っています。わし星雲は、へび座の方向、約570...
星雲

小さく高密度なガス雲「CB 130-3」 ハッブル望遠鏡の「今週の1枚」

「CB 130-3」と呼ばれる小さく高密度なガスと塵の雲をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。CB 130-3は「高密度コア(dense core)」として知...
星雲

ガスと塵の円すい形の柱「コーン星雲」【ESO60周年記念画像】

この画像は、星形成領域NGC 2264の一部である「コーン星雲」をとらえたものです。NGC 2264は、いっかくじゅう座の方向、約2500光年の距離にあります。...
星雲

りゅうこつ座の2つの星雲NGC 3603とNGC 3576

この画像に映っているのは、星雲NGC 3603(左)とNGC 3576(右)です。画像はESO(ヨーロッパ南天天文台)のVISTA望遠鏡を使い赤外線で撮影された...
超新星

地球に最も近い残骸の一つ「ほ座超新星残骸」の超高解像度画像

この画像に映っているのは「ほ座超新星残骸」です。南米チリにあるESO(ヨーロッパ南天天文台)パラナル天文台にあるVST(VLTサーベイ望遠鏡)に搭載された2億5...