ボイジャー2号がとらえた木星の大赤斑

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー2号がとらえた木星の大赤斑です。ボイジャー2号は、ボイジャー1号に遅れること4か月、1979年7月9日に木星へ最接近しました。最接近の3日前の79年7月6日に、木星から263万3000kmの距離から撮影されたのがこの画像です。

ボイジャー1号が訪れたときに比べて大赤斑はやや変化していました。大赤斑のすぐ南側に、白い楕円模様がみられます。ボイジャー1号が撮影した画像にも似たような白い楕円模様が見られましたが、同じものではありません。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00065

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています

次の記事

銀河に咲いた桜の花々