ジュノー探査機がとらえた木星の衛星ガニメデのカラー画像

Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin M. Gill © CC BY
Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin M. Gill © CC BY

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえた木星の衛星ガニメデのカラー画像です。2021年6月7日にジュノー探査機がガニメデへ再接近した際に、搭載するカメラ「ジュノーカム(JunoCam)」で撮影された画像を元に「市民科学者」のKevin M. Gill氏が処理して作成したものです。

先日、ジュノーカムで緑のフィルターを使って撮影したガニメデのモノクロ画像を紹介しましたが、その後、赤と青のフィルターで撮影した画像も送られてきたことでカラー画像を作成できるようになりました。

この画像にはガニメデの北半球が映っています。画像右の方が赤道付近です。右下側に映っている、周囲に白っぽい放出物が広がるクレーターは「トロス・クレーター」と名付けられています。ちなみにトロスとは、ギリシア神話でガニメデの父の名前です。

Credit : NASA/SwRI/MSSS/Noriaki Okamoto © CC BY
Credit : NASA/SwRI/MSSS/Noriaki Okamoto © CC BY

こちらの画像は、ジュノー探査機のウェブページで公開されている画像データを元に、アストロピクス運用元のブックブライト代表の岡本が処理して作成したものです。ガニメデの下の方にトロス・クレーターが映っています。

ジュノーカムで撮影されたデータは一般に公開されており、誰でも処理することが可能です。ジュノー探査機のウェブページでは、Gill氏のようなプロ級の腕前で処理された画像ばかりではなく、一般の方が処理した画像もたくさん掲載されています。なかには遊び心たっぷりのものもあります。皆さんも画像処理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

(参照)Mission Juno