ボイジャー2号(惑星探査機)

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機。ボイジャー1号は木星と土星の探査を行いましたが、ボイジャー2号はそれらの惑星に加え天王星と海王星も訪れました。

ボイジャー2号は1977年8月20日に打ち上げられました。打ち上げは2号の方が早かったのですが、木星や土星には1号の方が早く到達しました。

1979年7月9日、木星に最接近。最接近時の距離は木星から64万5000kmでした。木星の雲のようすや4つのガリレオ衛星、リングなどの観測を行いました。ボイジャー1号の最接近時に比べて、木星の雲が変化しているようすをとらえました。イオの観測からは、ボイジャー1号の観測時から表面が変化していること、また火山の噴火が継続していることが明らかになりました。

1981年8月26日、土星に最接近。最接近時の距離は土星から10万1000kmでした。土星本体やリングついて詳細な観測を行いました。Aリングの厚さが300mほどしかないことも示唆されました。ボイジャー2号はまた、ヒペリオンやエンケラドス、テティスなど多くの衛星の観測も行いました。

1986年1月24日、天王星に最接近。最接近時の距離は天王星から8万1500kmでした。ボイジャー2号は、天王星の大気の風速が時速724kmであることを発見しました。また天王星の5大衛星を観測したほか、新たに衛星を10個、リングを2本発見するなどの成果を上げました。

最果ての惑星である海王星に到達したのは1989年8月25日のことでした。最接近時、ボイジャー2号は海王星の雲頂から4800kmのところを通過しました。海王星の大気に時速1100kmの風が吹いていることを観測し、新たに6個の衛星と4本のリングを発見するなどの成果をあげました。ボイジャー2号の訪問時には、海王星の表面に「大暗斑」と呼ばれる暗い渦模様が存在していました。衛星トリトンの観測では、窒素の氷を噴き出す“火山”や、メロンの皮のような地形などを発見しました。

天王星と海王星を間近から観測したのは、今のところボイジャー2号だけです。

2018年12月10日、ボイジャー2号は太陽圏を抜けて恒星間空間へと入りました。2012年8月1日に恒星間空間に入ったボイジャー1号に続き、太陽圏を抜けた2機目の探査機となりました。ボイジャー2号は現在、秒速約15.4kmの速度で恒星間空間を移動しています。

2機のボイジャーには、遠い将来、ボイジャーを発見するかもしれない地球外知的生命へ向けたレコードが搭載されています。レコードには55の言語による挨拶、さまざまな生物の声や音楽のほか、地球の生物の画像115枚も収録されています。

これまでアストロピクスに掲載したボイジャー2号関連の記事については、こちらをご覧ください。

(以下、2020年3月26日に変更)

2020年3月26日現在、ボイジャー2号は地球から184億9540万km以上、太陽から184億6420万km以上離れたところにいます。地球からは光が到達するのに17時間8分以上かかる距離です。

ボイジャー1号、2号の現在地までの距離は、下のボイジャーのホームページで見ることができますので、興味のある方はご覧ください。

https://voyager.jpl.nasa.gov/mission/status/

(参考)https://solarsystem.nasa.gov/missions/voyager-2/in-depth/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています