太陽系の8惑星、太陽からの距離はどれくらい?

この図は、太陽系の惑星の軌道を示したものです。太陽のまわりには8つの惑星が公転しています。太陽に近い順に水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つです。上の図では、左が水星から火星まで、右が火星から海王星までの軌道が描かれています。

最も近い水星の太陽からの平均距離は5790万9227kmです。ついで金星1億820万9475km地球1億4959万8262km火星2億2794万3824kmです。これら4つの惑星は「岩石惑星」と呼ばれます。

太陽から木星までの平均距離は7億7834万821km土星14億2666万6422km天王星28億7065万8186km、最果ての海王星までの距離は44億9839万6441kmとなっています。なお木星と土星は「巨大ガス惑星」、天王星と海王星は「巨大氷惑星」と呼ばれます。

太陽系内での距離に言及する際、「天文単位(au)」という単位がよく使われます。天文単位は太陽と地球の間の平均距離をもとに決められた定数で、1天文単位は1億4959万7870.7kmと定義されています。約1億5000万kmと覚えておくと便利です。

太陽から各惑星までの平均距離を天文単位で表すと、水星約0.39天文単位金星約0.72天文単位地球1天文単位火星約1.52天文単位木星約5.2天文単位土星約9.54天文単位天王星約19.19天文単位海王星約30.07天文単位となります。

なお天文学の距離の単位として「光年」がよく知られています。1光年は光(秒速約30万km)が1年間かけて進む距離で約9兆4600億km(正確には9兆4607億3047万2580.8km)です。太陽系内の距離をいうときには光年は値が小さくなりすぎるのでほとんど使われることはありませんが、参考のために以下の一覧表には載せておきました。たとえば太陽から地球までの距離を光年であらわすと約0.000016光年になります。最果ての海王星でも0.000475光年です。

惑星km天文単位光年
水星5790万92270.390.000006
金星1億820万94750.720.000011
地球1億4959万826210.000016
火星2億2794万38241.520.000024
木星7億7834万8215.200.000082
土星14億2666万64229.540.000151
天王星28億7065万818619.190.000303
海王星44億9839万644130.070.000475
太陽から各惑星までの距離

ただここで示したのは太陽からの平均距離です。冒頭の図を見ると、惑星の公転軌道が同心円になっていないことがわかります。惑星の公転軌道は円ではなく楕円であるため、惑星は平均距離よりも太陽に近づいたり遠ざかったりします。太陽に最も近い点を「近日点」、太陽から最も遠い点を「遠日点」といいます。ちなみに地球は太陽から最も近いときで約1億4710万km、遠いときで約1億5210万kmになります。

なお地球から他の惑星までの距離は時期によってかなり変わります。時期によって、地球と他の惑星との位置関係が変わるためです。たとえば地球と火星の場合でみてみると、地球と火星が太陽をはさんで反対側に位置しているときは、太陽〜地球間の距離と太陽〜火星間の距離をプラスした値になります。一方で太陽に対して地球と火星が同じ方向に直線上に並んでいるときは、太陽〜火星間の距離から太陽〜地球間の距離をマイナスした値になります。

※太陽から各惑星までの距離については「NASA Solar System Exploration」を参照しました。

(参考記事)太陽系の惑星の大きさ比較太陽系の惑星の質量比較太陽系の各惑星の表面温度の比較

Image Credit: NASA/JPL-Caltech