火星のプロクター・クレーター内の大砂丘

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが、火星のプロクター・クレーター内にある砂丘をとらえた画像です。プロクター・クレーターは、火星のノアキス大陸(Noachis Terra)にある直径168kmのクレーターです。

この砂丘は、玄武岩質の砂でできています。火星ではさまざまなクレーターの内部で砂丘が見られます。砂は大きな岩が侵食されてできたものですが、いつ、どこで侵食が起き、どのようにして大量の砂ができたのか、はっきりしたことは分かっていません。

画像に映る砂丘では尾根がほぼ南北に走っています。この砂丘の形は、おそらく東西方向(画像右から左、および左から右)の2つの卓越風が存在していることを示しています。

アストロピクスでは、同じプロクター・クレーター内の別の場所にある砂丘を、NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえた画像を紹介したことがあります。興味がある方はご覧ください。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています