火星

火星

火星の南極で春になって大量に出現した黒い「クモ」

火星の南極付近では、春になるとたくさんの「クモ(spider)」があらわれます。もちろん生物のクモが出てくるわけではありません。春の日差しによりドライアイスの層の下部がガスになり、そのガスが暗い塵とともに噴き出して、表面に暗い染みのような模様を作るのです。
火星

マーズ・エクスプレスがとらえた火星の「インカシティ」と「スパイダー」

火星の「インカ・シティ」と呼ばれる場所を、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の火星探査機マーズ・エクスプレスがとらえました。直交する壁のような地形がインカの遺跡を彷彿とさせることからそう呼ばれます。そこには春の訪れを示す暗い斑点(「スパイダー」)もあちらこちらに映っていました。
火星

探査機がとらえた火星表面の暗い筋「スロープ・ストリーク」

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが火星表面にある斜面をとらえたものです。 一見すると、何か暗い物質が斜面を...
火星

火星のタルシス地域をとらえた精細画像が公開 欧州の探査機2万5000周回記念画像

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の火星探査機マーズ・エクスプレスが火星で2万5000周回したことを記念して、火星の巨大火山が連なるタルシス地域を中心とする広大な領域...
火星

火星のトロヤ群小惑星を新たに発見

2023年に発見された小惑星2023 FW14が、火星のトロヤ群小惑星であることが判明しました。火星のトロヤ群小惑星としては17個目。小惑星2023 FW14は約100万年前に現在の軌道に到達し、約1000万年後には火星から離脱する可能性があるとのことです。
火星

「偵察衛星」がとらえた最近形成された火星の氷のクレーター

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえたもので、最近形成された直径13メートルの小さなクレーターが映っ...
火星

探査車がとらえた火星の2つの月による日食映像

火星にはフォボスとダイモスという2つの月(衛星)があります。地球では月が太陽を隠す日食が起きることがありますが、火星でも2つの月による日食が発生します。今回紹介...
火星

火星周回機からみた探査車キュリオシティ(2023年12月撮影)

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車キュリオシティを宇宙からとらえたものです。同じくNASAの火星周回機マーズ・リコネッサンス・オービターが、...
火星

翼の折れた火星ヘリコプター 探査車が415mの距離から撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスが、観測装置スーパーカムの一部であるリモートマイクロイメージャー(RMI)を使ってとらえ...
火星

火星の砂の大地にのびる探査車の車輪の跡

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車オポチュニティが撮影したものです。オポチュニティのナビゲーションカメラでとらえた複数の画像を合成したもので...
火星

探査車が火星の地表から見た2024年1月20日の日食

この映像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車パーサヴィアランスがとらえた一連の画像から作成したタイムラプス映像です。太陽の手前を、火星の衛星の一つダイ...
火星

運用を終えた火星ヘリコプターを探査車が撮影

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車「パーサヴィアランス」が撮影したもので、画像中央右に火星ヘリコプター「インジェニュイティ」が映っています。...
記事をシェアする