2001マーズ・オデッセイ

スポンサーリンク
太陽系

火星の斜面で塵が流れ落ちてできた暗い筋「スロープ・ストリーク」

これらの画像には、「スロープ・ストリーク(slope streak)」と呼ばれる、火星表面の斜面に見られる暗い筋が映っています。表面の塵がダス...
太陽系

8つの惑星科学ミッションの延長をNASAが決定

2022年4月25日、終了が近づいている8つの惑星科学ミッションについて延長を決定したとNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表しました。 ミッショ...
太陽系

火星を周回中の探査機が撮影した別の火星探査機

2005年4月、火星を周回中のNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーは、同じく火星を周回中のNASAの2001マー...
太陽系

打ち上げ後まもない火星探査機がとらえた地球と月

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえた地球と月のツーショットです。2001年4月19日に撮影されま...
太陽系

マーズ・オデッセイがとらえた火星のマリネリス峡谷

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえた、火星の大峡谷「マリネリス峡谷」の画像。マーズ・オデッセイは2001年の火星周回軌道投入から20年を経た今も現役で活躍中です。
太陽系

火星のユートピア平原にある複雑な溝状地形

この画像は、火星のヘパイストス・フォッサ(Hephaestus Fossae)の一部を捉えたものです。ヘパイストス・フォッサは、火星のユートピア平原の...
太陽系

円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」

火星のアルバ山付近には、南北方向に走る「グラーベン(地溝)」と呼ばれる溝状の地形が数多く存在します。この画像は、そのようなグラーベンの一つ「タンタロス・カテナ」の一部をとらえた画像です。
太陽系

火山活動によって形成されたと見られる火星の水路のような地形

火星のHebrus谷を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえた画像です。Hebrus谷は、火星のエリシウム山の...
太陽系

マーズ・オデッセイがとらえた火星の溝状地形ニリ・フォッサ

画像は火星のニリ・フォッサ(Nili Fossae)と呼ばれる地溝をとらえた画像です。NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッ...
太陽系

マーズ・オデッセイがとらえた火星のマータラ・クレーター内の砂丘

画像は火星のマータラ(Matara)・クレーターの内部をとらえたものです。NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイによって...
太陽系

打ち上げから20年。マーズ・オデッセイがとらえた火星の北極冠周辺の砂丘

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが撮影した擬似カラー画像です。火星の北極冠のまわりにある(可視光で見る...
太陽系

直交する尾根が作る火星の「インカ・シティ」

火星の南極冠の近くにある、「Angustus Labyrinthus」と呼ばれる地域をとらえた画像です。2019年2月15日にNASA(アメリカ航空宇...
アストロピクスをフォローする