銀河宇宙

銀河宇宙

130億年前の銀河で水分子を発見〜アルマ望遠鏡の観測成果

アルマ望遠鏡の観測によって、宇宙初期の巨大銀河「SPT0311-58」から水分子が検出されました。この画像はSPT0311-58をアルマ望遠鏡でとらえ...
銀河宇宙

偶然重なってみえる2つの銀河

この画像の左上に、2つの銀河NGC 3314aとNGC 3314bが重なり合っているのが映っています。一見すると、2つの銀河が衝突しているようにも見え...
銀河宇宙

おとめ座の棒渦巻銀河Mrk 1337 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚」

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河Mrk 1337。Mrk 1337は、おとめ座の方向、約1億2000万光年の距離にあります。画像はハッブル宇宙望...
銀河宇宙

2つの超新星がほぼ同時に同じ場所で発生した銀河NGC 6984

ハッブル宇宙望遠鏡が渦巻銀河NGC 6984をとらえた画像です。NGC 6984はインディアン座の方向、約2億光年の距離にあります。明るい星々からなる...
銀河宇宙

ハッブルがとらえた、相互作用する棒渦巻銀河と伴銀河のペア

この画像は、相互作用する二つの銀河をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたものです。画像右上にみられる棒渦巻銀河NGC 7469(Arp 298、Mrk 151...
銀河宇宙

ハッブルがとらえたコンパクトな銀河群「HCG 7」

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡がHCG 7(ヒクソン・コンパクト銀河群7)をとらえたものです。この銀河群は1つのレンズ状銀河と3つの渦巻銀河からなりま...
銀河宇宙

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、しし座の棒渦巻銀河NGC 2903

2021年10月25日のハッブル宇宙望遠鏡の「今日の1枚(Picture of the Week)」として公開されたこの画像は、棒渦巻銀河NGC 29...
銀河宇宙

大マゼラン銀河でかつて起きた銀河の合体の痕跡を発見

大マゼラン銀河にある11個の球状星団の化学組成を分析したところ、球状星団NGC 2005が他の10個とは異なる化学組成をしていることが分かりました。研究チームは、NGC 2005がかつて合体した別の銀河の残骸だと推定しています。
銀河宇宙

ハッブルが捉えた小競り合いする銀河のペア「Arp 86」

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「Arp 86」と呼ばれる銀河のペアの画像です。Arp 86はペガスス座の方向、地球から約2億2000万光年の距離にありま...
銀河宇宙

可視光では見えない広大なスーパーウィンドを噴き出す渦巻銀河NGC 4666

この画像は、渦巻銀河NGC 4666をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたものです。NGC 4666は、おとめ座の方向、約8000万光年の距離にあります。 ...
銀河宇宙

ハッブルがとらえた真横を向いた渦巻銀河IC 755

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河IC 755。かみのけ座の方向、7000万光年の距離にあります。星やガス、塵などが細長く伸びているように見えますが...
銀河宇宙

ろ座にある棒渦巻銀河NGC 1398

この画像は、ろ座の方向、約6500万光年の距離にある棒渦巻銀河NGC 1398をとらえたものです。よく見ると、銀河の中央部に横方向に棒状構造があるのが...