銀河宇宙

星・星雲・星団

星形成領域や超新星残骸などを「音」で聴く

望遠鏡で得られた宇宙のデータは、ほとんどの場合、グラフや画像などに変換されます。データを目で見えるように「可視化」するのです。上の映像は、言語以外...
銀河宇宙

重力レンズにより時間差で届いた遠方の超新星の光。2037年にも届くと予言。

これらの画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が銀河団MACS J0138.0-2155をとらえたものです。左は2016年、右は2019年に撮影されました。 ...
銀河宇宙

世界最大規模! ダークマターの「模擬宇宙」が公開された

クレジット: 石山智明 この画像は、世界最大規模のダークマター構造形成シミュレーションで得られた、現在の宇宙でのダークマターの分布です。 千葉大学...
銀河宇宙

渦状腕がはっきりしない南天の渦巻銀河NGC 7793

ちょうこくしつ座の渦巻銀河NGC 7793を、ジェミニ南望遠鏡でとらえた画像です。NGC 7793は地球から約1200万光年の距離にあります。 ...
銀河宇宙

ダークエネルギーカメラがとらえた巨大銀河「ケンタウルス座A」

ケンタウルス座Aは、南天のケンタウルス座の方向、1200万光年の距離にある巨大な楕円銀河です。この画像では、多くの星々の輝きと、銀河の中心付近を隠す暗...
銀河宇宙

スピッツァーが赤外線でとらえた渦巻銀河NGC 300

渦巻銀河NGC 300は、ちょうこくしつ座の方向、750万光年の距離にあります。地球に対して銀河円盤の正面を向けた、いわゆる「フェイスオン」銀河です。...
銀河宇宙

電波で捉えたM51(子持ち銀河)の最新詳細画像

この画像に写っているのは渦巻銀河M51(NGC 5194)です。ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像に、アメリカにある電波望遠鏡カール・G・ジャンスキーV...
銀河宇宙

天の川銀河の中で、知られていなかった構造を発見!

天の川銀河の中に、これまで知られていなかった構造が新たに発見されました。若い星と星雲からなる3000光年ほどの長さの構造が、天の川銀河の渦状腕の一つで...
銀河宇宙

ハッブルが撮影した「炉」の中の銀河

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 1385です。NGC 1385は、ろ座の方向、6800万光年の距離にあります。画...
銀河宇宙

重力レンズで5つに分かれた遠方のクエーサー

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたこの画像の中央には、ぼんやりと光る天体の周囲を光のリングが囲んでいます。よく見るとぼんやりとした光は2つ、周囲のリングには...
銀河宇宙

隠された超新星爆発を発見!

大質量星の最期を告げる超新星爆発。遠方の宇宙での超新星は、予測よりはるかに少ない数しか観測されていませんでした。今回、スピッツァー宇宙望遠鏡の観測デー...
銀河宇宙

とけい座の棒渦巻銀河IC 1954 〜 ハッブルの今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河IC 1954。とけい座の方向、約4500万光年の距離にあります。明るい棒状の構造と、まわりを渦巻く渦状腕が映し...