銀河宇宙

銀河宇宙

観測史上最も近くで発見された超巨大ブラックホールのペア

ES0(ヨーロッパ南天天文台)のVLT(超大型望遠鏡)を使い、これまでに観測された中で地球から最も近い距離にある超巨大ブラックホールのペアが発見されました。 ...
銀河宇宙

2つの銀河が衝突してできた不規則な形の銀河NGC 7727

2つの銀河が衝突・合体してできたと考えられている銀河NGC 7727。NGC 7727は、みずがめ座の方向、8900万光年の距離にあります。ESO(ヨ...
銀河宇宙

内部に円盤構造を持つ楕円銀河「ソンブレロ銀河」

最も有名な銀河の一つ、M104をとらえた画像です。M104はメキシコの帽子に似た形から「ソンブレロ銀河」とも呼ばれます。おとめ座の方向、約3000万光...
銀河宇宙

ろ座の渦巻銀河NGC 1317 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚」

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が渦巻銀河NGC 1317をとらえたものです。NGC 1317は、ろ座の方向、5000万光年以上の距離にあります。渦状腕...
銀河宇宙

何十億年も天の川銀河を公転してきたと思われていた衛星銀河。実は通りすがりの銀河だった!?

私たちの地球がある天の川銀河には、いくつもの伴銀河があることが知られています。それらの矮小銀河は、何十億年も前から天の川銀河の周りを回っていると考えられてきました。ところが、それらの伴銀河の多くが、最近になって天の川銀河の近くにやってきたことが分かったとする研究が発表されました。
銀河宇宙

ハッブルがとらえた、わし座の渦巻銀河UGC 11537

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が渦巻銀河UGC 11537をとらえた画像です。UGC 11537の銀河円盤が真横に近い角度から見えています。 U...
銀河宇宙

130億年前の銀河で水分子を発見〜アルマ望遠鏡の観測成果

アルマ望遠鏡の観測によって、宇宙初期の巨大銀河「SPT0311-58」から水分子が検出されました。この画像はSPT0311-58をアルマ望遠鏡でとらえ...
銀河宇宙

偶然重なってみえる2つの銀河

この画像の左上に、2つの銀河NGC 3314aとNGC 3314bが重なり合っているのが映っています。一見すると、2つの銀河が衝突しているようにも見え...
銀河宇宙

おとめ座の棒渦巻銀河Mrk 1337 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚」

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河Mrk 1337。Mrk 1337は、おとめ座の方向、約1億2000万光年の距離にあります。画像はハッブル宇宙望...
銀河宇宙

2つの超新星がほぼ同時に同じ場所で発生した銀河NGC 6984

ハッブル宇宙望遠鏡が渦巻銀河NGC 6984をとらえた画像です。NGC 6984はインディアン座の方向、約2億光年の距離にあります。明るい星々からなる...
銀河宇宙

ハッブルがとらえた、相互作用する棒渦巻銀河と伴銀河のペア

この画像は、相互作用する二つの銀河をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたものです。画像右上にみられる棒渦巻銀河NGC 7469(Arp 298、Mrk 151...
銀河宇宙

ハッブルがとらえたコンパクトな銀河群「HCG 7」

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡がHCG 7(ヒクソン・コンパクト銀河群7)をとらえたものです。この銀河群は1つのレンズ状銀河と3つの渦巻銀河からなりま...