スピッツァー宇宙望遠鏡

銀河宇宙

スピッツァーが赤外線でとらえた渦巻銀河NGC 300

渦巻銀河NGC 300は、ちょうこくしつ座の方向、750万光年の距離にあります。地球に対して銀河円盤の正面を向けた、いわゆる「フェイスオン」銀河です。...
銀河宇宙

天の川銀河の中で、知られていなかった構造を発見!

天の川銀河の中に、これまで知られていなかった構造が新たに発見されました。若い星と星雲からなる3000光年ほどの長さの構造が、天の川銀河の渦状腕の一つで...
銀河宇宙

隠された超新星爆発を発見!

大質量星の最期を告げる超新星爆発。遠方の宇宙での超新星は、予測よりはるかに少ない数しか観測されていませんでした。今回、スピッツァー宇宙望遠鏡の観測デー...
銀河宇宙

赤外線で捉えた天の川銀河の「双子」の渦巻銀河NGC 7331

NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 7331。1784年にウィリアム・ハーシェルによって発見されたこの銀河...
星・星雲・星団

スピッツァー宇宙望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC 246

NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたか。輝くガスと塵の雲に囲まれた死にかけた星の姿です。 スピッツァーの観測...
銀河宇宙

楕円銀河にかつて飲み込まれた銀河円盤の残骸

画像は楕円銀河ケンタウルス座A(NGC 5128)を、スピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線で撮影したものです。ケンタウルス座Aは地球から約1100万光年の距...
銀河宇宙

「空飛ぶ天文台」が楕円銀河ケンタウルス座Aの磁場をとらえた

ケンタウルス座A(NGC 5128)は、約1億年前に渦巻銀河と楕円銀河が衝突・合体してできたと考えられている楕円銀河です。今回、NASA(アメリカ航空...
星・星雲・星団

1周わずか1時間。最も速く自転する褐色矮星を発見!

これまで観測された中で最も速く自転する褐色矮星が3つ見つかりました。これら3つの褐色矮星は1時間に1回、自転しています。褐色矮星がこれ以上速く回転すると、遠心...
星・星雲・星団

赤外線で見た「モンキー星雲」

スピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたNGC 2174。この画像には塵に覆われたたくさんの赤ちゃん星が映し出されています。 NGC 2174は...
銀河宇宙

スピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線で見たアンドロメダ銀河

赤外線で撮影されたアンドロメダ銀河(M31)です。NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が24μmの波長の赤外線でとらえたもので、アン...
星・星雲・星団

猛スピードで移動する星の前面に現れたバウショック

カシオペヤ座カッパ星の周辺をスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえた画像です。カシオペヤ座カッパ星(HD 2905)は地球から4000光年の距離にある高温で大...
星・星雲・星団

X線と赤外線でとらえた巨大分子雲W51

W51として知られる巨大な分子雲をとらえた画像です。約1万7000光年の距離にあり、そこでは恒星が生まれつつあります。チャンドラX線望遠鏡がとらえたX...