最接近10日前にボイジャー1号がみた土星と衛星

1980年10月30日、NASA(アメリカ航空宇宙局)のボイジャー1号によって撮影された土星のモザイク合成画像。土星への最接近の10日ほど前に、1800万kmの距離から撮影されました。画像左上にある二つの白い点は、左が衛星テティス、右がエンケラドスです。画像右下には衛星ミマスも映っています。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA01383

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています