ボイジャー1号

太陽系

ボイジャー1号に問題発生か? 一部システムのデータと機体の状態の不一致を調査中

2012年に太陽圏を脱し、現在は星間空間を航行中のNASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号。そのボイジャー1号からのデータが、探査機の...
太陽系

ボイジャー1号の主な成果は? 今どこに?

木星や土星の観測成果、60億kmの距離から振り返って撮影した太陽系の「家族写真」、搭載するレコードなど、ボイジャー1号の概略を解説。ボイジャー1号の現在地情報も掲載。
太陽系

ボイジャー1号が太陽圏外で、星間物質のかすかな「音」を聴いていた

1977年に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は、今でも交信を続けながら地球から227億4500万km以上離れたと...
土星

40年前、ボイジャー1号が最接近8時間後にとらえた土星のリング

1980年11月12日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号が土星に最接近しました。この画像は最接近の8時間後にボイジャー1号が、...
木星

ボイジャー1号がとらえた木星と3つのガリレオ衛星

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は、1979年3月5日に木星へ最接近しました。この画像は、最接近の1か月前の2月5日に撮影され...
地球

「ペイル・ブルー・ドット」 〜 60億kmの彼方から撮影された地球

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は1990年2月14日、約60億km離れたところから太陽を振り返り、太陽系の「家族写真」を撮影...
太陽系

ボイジャー1号が60億kmの彼方から撮影した太陽系の「家族写真」

1990年2月14日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号が、約60億km離れたところから振り返って撮影した太陽系の「家族写真」で...
地球

「ペイルブルードット」60億kmの彼方からとらえた地球 〜 最新の画像処理を施して公開

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は1990年2月14日、約60億km離れたところから振り返り、太陽系の「家族写真」を撮影しまし...
土星

1980年の土星最接近の翌日、ボイジャー1号がとらえた土星とリング

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は、1980年11月12日に土星へ最接近しました。この画像は、最接近の翌日の11月13日に、ボ...
地球

ボイジャー1号がとらえた地球と月

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号がとらえた地球と月です。この画像のように、地球と月が1フレームに収められて撮影され...
木星

ボイジャー1号がとらえた“三日月形”の木星

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号が、木星への最接近(1979年3月5日)後の3月24日に撮影した木星です。右奥から太陽光が当た...
木星

木星と衛星イオ、エウロパ

木星の手前に衛星イオとエウロパが映っています。ちょうど大赤斑に重なってみえている左側の衛星がイオ、右側にみえる衛星がエウロパです。この画像は、1979...
アストロピクスをフォローする