ボイジャー1号

宇宙開発

ボイジャー1号が復活 稼働中の全ての科学機器のデータ送信を再開

NASA(アメリカ航空宇宙局)は2024年6月13日、星間空間を航行中のボイジャー1号について、通常の科学運用に戻ったと発表しました。 ボイジャー1号は、202...
宇宙開発

ボイジャー1号、科学データの送信も再開!

2023年11月に不具合が発生した探査機ボイジャー1号。それ以来、探査機からの科学データの送信は途絶えていました。NASA(アメリカ航空宇宙局)は4つの科学機器...
宇宙開発

ボイジャー1号からの微弱な電波を捕捉せよ 6つの巨大アンテナがボイジャーに向けられた

画像に映っている6基の巨大アンテナが、すべて同じ方向を向いています。これらのアンテナは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の深宇宙通信網である「ディープスペースネッ...
宇宙開発

ボイジャー1号、正常な工学データの送信を再開!

星間空間を航行中のNASAの探査機ボイジャー1号は、2023年11月以来、コンピューターシステムに不具合が発生し、意味のあるデータが送信されない状態が続いてきました。NASAは2024年4月22日、システムの状態などを示す意味のあるデータが、ボイジャー1号から再び送信されるようになったと発表しました。
宇宙開発

ボイジャー1号の不具合の原因を特定! 復旧まで数週間〜数か月か

ボイジャー1号は現在、地球から240億km以上離れた星間空間を航行中です。そのボイジャー1号でコンピューターシステムに不具合が発生し、2023年11月以来、意味...
宇宙開発

ボイジャー1号、復旧への手がかりを発見か!?

恒星間飛行を続けているNASA(アメリカ航空宇宙局)のボイジャー1号は、コンピューターシステムに問題が発生し、通信はできているものの、2023年11月以来、探査...
宇宙開発

ボイジャー探査機はどこへ向かうのか

1977年に打ち上げられて以来、2機のボイジャー探査機は46年以上にわたり航行を続けてきました。最近は延命措置を図る一方で、不具合が発生しながらも復旧することを...
宇宙開発

ボイジャー1号、2号の現在地は? 今どこにいるのか

ボイジャー1号、2号の現在位置。NASA Eyes on the Solar Systemより 1977年に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探...
木星

最接近1か月ほど前にボイジャー1号がとらえた木星と衛星イオ

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の探査機ボイジャー1号がとらえたもので、太陽系最大の惑星である木星が映っています。 木星の南半球には、巨大な渦模様であ...
宇宙開発

ボイジャー1号、コンピューターシステムに問題発生

恒星間空間で航行を続けている、探査機ボイジャー1号のコンピューターシステムに問題が発生したとNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表しました。探査機に搭載されている...
土星

土星最接近の日にボイジャー1号がとらえた衛星ディオーネ

この画像に映っているのは、ボイジャー1号がとらえた土星の衛星ディオーネです。1980年11月12日、ボイジャー1号が土星に最接近した際に撮影されました。撮影時、...
宇宙開発

2機のボイジャー探査機の寿命を伸ばす措置を実施

1977年に打ち上げられた双子の探査機ボイジャー1号と2号は現在、太陽圏を脱して星間空間を航行中です。NASA(アメリカ航空宇宙局)の技術者は、2機の探査機の寿...
記事をシェアする