ハッピー・フェイス・クレーター

画像の右側に映っているのは、火星にある「ハッピー・フェイス」と呼ばれるクレーターです。正式名称を「ガレ・クレーター」といい、火星の南半球にある「アルギュレ平原」と名付けられた広大なクレーターの東の端にあります。ガレ・クレーターの直径はおよそ215kmです。クレーター内の盛り上がった地形が、ちょうど目と口のようにみえています。NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが撮影した画像です。

Image Credit: NASA/JPL/MSSS

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA01676

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています