土星の手前を通過する4衛星をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた

ハッブル宇宙望遠鏡が、2009年2月24日に撮影した土星です。土星の手前を、4つの衛星が通過しているところがとらえられました。左から右に、衛星エンケラドス、ディオーネ、タイタン、ミマスが見えています。上の画像では、エンケラドスとディオーネの影が土星本体に落ちているのも映っています。

このようにいくつもの衛星が同時に土星の手前を通過するのは、土星のリング面が地球から見てほぼ真横を向いている場合にのみ起こります。

この一連の画像では、衛星が左から右へ移動していくのがとらえられています。

Image Credit: NASA, ESA and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA). Acknowledgment: M. Wong (STScI/UC Berkeley) and C. Go (Philippines)

https://www.spacetelescope.org/news/heic0904/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています