アストロピクス「太陽系」関連記事

木星

ジュノー探査機がとらえた合体しつつある2つの白斑と、大赤斑に次ぐ巨大嵐

NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえた木星表面のようす。木星の南半球を撮影したものです。 画像中央付近を走る茶色がかった色...
木星

冥王星に向かう途中、ニュー・ホライズンズがとらえた木星とイオ

2006年1月に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機は、冥王星に向かう途中の2007年2月28日に木星へ最接近しま...
地球

地球をまわる「第2の月」を発見

2020 CD3は、2020年2月15日、アメリカ、アリゾナ州ツーソンにあるアリゾナ大学月惑星研究所が運用するカタリナスカイサーベイで、Kacper Wierzchos氏とTeddy Pruyne氏によって発見されました。その後の観測によって軌道が計算され、2020 CD3が3年ほど前から地球をまわっていることが分かりました。
火星

ドライアイスの霜におおわれた火星の溝状地形

2020年2月27日の「NASA Image of the Day」として紹介されている画像です。 火星では「ガリー」と呼ばれる溝状の地形がたく...
小惑星

ゴルフボールのような小惑星 〜 VLT(超大型望遠鏡)がとらえたパラス

この画像は小惑星帯にある小惑星パラスをとらえたものです。ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLTに設置された観測装置SPHEREで撮影されました。 ...
宇宙開発

火星探査機インサイトが観測した火星の地震、磁場、旋風

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機インサイトは、2018年11月26日に火星のエリシウム平原へ着陸して以来、観測を続けています。インサイトには...
土星

土星に落ちるリングとミマスの影

土星探査機カッシーニがとらえた土星です。2008年2月26日に撮影されました。 この画像を撮影したとき、カッシーニ探査機はリング平面の約27度上...
火星

火星探査機がとらえた、水の氷が露出する急な崖

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)がとらえた火星の画像です。MRO搭載のHiRISE(高解像度カメ...
火星

風で侵食されてできた尾根と谷 〜 2001マーズ・オデッセイが撮影した火星

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが撮影した火星の表面。長期間にわたる風が地表面を侵食して、風向きに沿って尾根と谷が...
宇宙開発

火星の衛星フォボスに着陸しサンプルを持ち帰る 〜 日本の火星衛星探査計画MMX

2020年2月19日、日本の火星衛星探査計画(MMX:Martian Moons eXploration)の目標天体が火星の衛星フォボスに決定しました。MMXは、フォボスの表面に着陸して数時間滞在、10g以上のサンプルを採取して地球へ持ち帰る計画です。
木星

ジュノー探査機のデータから、木星の赤道域での水の量が推定された

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のジュノー探査機がとらえた木星の赤道域南側の画像です。2017年9月1日にフライバイ時に得られた画像をもとに...
太陽系

冥王星の氷の大氷原「スプートニク平原」

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星。「トンボー領域」と呼ばれるハート形の西半分の「スプートニク平原」と呼ばれる...