アストロピクス「太陽系」関連記事 | アストロピクス

アストロピクス「太陽系」関連記事

アストロピクスで掲載した「太陽系」関連の記事のリストです。水星から海王星までの惑星や、冥王星などの準惑星、小惑星や彗星など、探査機や望遠鏡がとらえた太陽系の天体の画像が中心となっています。

木星

木星の衛星イオの溶岩湖の空撮再現映像

木星には「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの主要な衛星があります。ガリレオ衛星のうち木星に最も近いところを公転する衛星イオは、太陽系全体で最も火山活動が活発なことで...
木星

すばる望遠鏡が赤外線でとらえた木星とリング

この画像は、すばる望遠鏡が木星とそのリングを赤外線でとらえたものです。 IRCS(近赤外線分光撮像装置)という観測装置で撮影されました。 惑星のリングといえば土...
木星

史上初! 木星の衛星イオの南極域をジュノー探査機がとらえた

この画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが、木星の衛星イオをとらえたものです。2024年4月9日、ジュノー探査機が60回目の木星フライバイを...
準惑星

冥王星のハート模様は、700kmの天体が斜めから低速で衝突して形成された!?

冥王星の表面にはハート形の模様があります。その西半分の「スプートニク平原」の成因を探るためシミュレーションを実施し、直径約700kmの天体が斜めから比較的低速で衝突することで、そのような構造が形成されるとする研究が発表されました。
土星

赤外線でみた土星の衛星タイタンの全球画像

これらの画像は、土星の衛星タイタンを赤外線でみたものです。角度の異なる6枚の画像により、タイタン全球の表面が見えています。 タイタンは土星最大の衛星で、半径が2...
小惑星

到着2か月後にNEARシューメーカー撮影した小惑星エロス

この画像に映っているのは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の小惑星探査機NEARシューメーカーがとらえた小惑星エロスです。 NEARシューメーカーは2000年4月...
太陽

衛星Proba-2がとらえた2024年4月の日食

2024年4月8日、北アメリカで日食が起こりました。日食は、太陽の手前を月が通過することで発生します。その日食のときに、太陽観測も行うESA(ヨーロッパ宇宙機関...
太陽

2024年4月8日、北米で見られた皆既日食

北アメリカで2024年4月8日午後(日本時間9日未明)、皆既日食が見られました。その日食のようすをとらえた写真がNASA(アメリカ航空宇宙局)から公開されていま...
太陽

新月のたびに日食が起こらないのはなぜ?

日食は、月が太陽の手前を通り過ぎることで太陽を隠す現象です。太陽の一部が隠れる部分食、太陽全体が隠れる皆既食、月のまわりに太陽がはみ出してみえる金環食があります...
太陽

2024年3月29日に発生したX1.1の太陽フレア

2024年3月29日5時56分(日本時)をピークとする強力な太陽フレアが発生しました。画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽観測衛星SDOが13.1nmの波...
太陽系

太陽圏の形を探るための探査機の最適ルートは?

私たちの太陽系は、「ヘリオスフィア(太陽圏)」に囲まれています。しかしヘリオスフィアの境界や形状について、はっきりしたことは分かっていません。ヘリオスフィアの形状を最終的に決定するには、ヘリオスフィアの外での測定が必要です。最新の研究によるとヘリオスフィアの「尾」の側面を通って太陽系を出るルートが最適とのことです。
彗星

ESA/NASAの太陽観測衛星が5000個目の彗星を発見

2024年3月25日、太陽観測衛星SOHOの画像から新たな彗星が発見されました。チェコの市民科学者が発見したこの彗星は、SOHOのデータから発見された5000個...
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.8万超 アストロピクスをフォロー!