逆光でぼんやりと光る土星のリングと衛星エンケラドスのジェット

この画像は2009年11月1日に、NASAの土星探査機カッシーニが撮影したものです。画面を横切って映るリングを背景に、衛星エンケラドスがシルエットとなって映っています。土星のリングと、エンケラドスの南極付近から噴き出すジェットが、逆光の太陽光に照らされてぼんやりと明るく見えています。

エンケラドスの右下には、衛星パンドラも映っています。撮影時、パンドラはカッシーニから見てリングの向こう側にありました。パンドラも夜側が見えていますが、土星の反射光を受けてうっすらと明るく見えています。

撮影時、カッシーニはエンケラドスから24万800km、パンドラから56万6800kmの距離のところにいました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA17144


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています