犬用のおもちゃの骨に似た小惑星クレオパトラ

11月1日は「犬の日」。犬の鳴き声「ワン (1) ワン (1) ワン (1) 」から決められたそうです。その犬の日にちなみ、まるでドッグ・ボーン(犬用のおもちゃ)のような形をした天体を紹介します。

上の画像は小惑星クレオパトラです。クレオパトラは、火星軌道と木星軌道の間にある小惑星帯に存在する小惑星で、かつての大規模な衝突現象によって生じたとみられています。上の画像は、プエルトリコのアレシボ天文台でのレーダー観測のデータを利用して、コンピューターでクレオパトラの形状を再現したものです。

ドッグ・ボーンに形がそっくりですが、クレオパトラは長さが約217km、幅が約94kmもあるので、犬が遊ぶには少々大きすぎますね。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA02454


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています