ハッブル宇宙望遠鏡

星・星雲・星団

小マゼラン銀河にある比較的若い超新星残骸

小マゼラン銀河の超新星残骸E0102をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。画像中央やや左下にみえる青っぽいところがE0102。超新星爆発から2000...
銀河宇宙

はげしい衝突によって5万光年も“尾”が伸びた銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた相互作用銀河NGC 2623(Arp 243)。NGC 2623は、かに座の方向、約2億5000万光年の距離にあります。 ...
銀河宇宙

3つの超新星爆発が観測された銀河NGC 4051

画像はハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 4051です。おおぐま座の方向、4500万光年の距離にあります。2019年6月10日にリリースされた...
星・星雲・星団

翼を広げた天使のような星形成領域

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星形成領域シャープレス2-106。はくちょう座の方向、約2000光年の距離にあります。翼を広げた天使のようにみえるともいわ...
星・星雲・星団

ガスと塵の柱、コーン星雲

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「コーン星雲」のクローズアップ。コーン星雲は星形成領域にあるガスと塵の柱で、地上から望遠鏡でみると円錐(cone)状にみえ...
銀河宇宙

地球に真横を向ける渦巻銀河ESO 121-6

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河ESO 121-6。がか座の方向、6500万光年の距離にあります。 銀河をほぼ真横からみているため、渦状腕の...
銀河宇宙

アインシュタインの十字架

重力によって光が曲がる現象を「重力レンズ」といいます。重力レンズは、アインシュタインが提唱した一般相対性理論から導かれたものです。 この画像では...
銀河宇宙

二つの銀河が合体したアンテナ銀河の中心部

銀河どうしが近づくと、衝突したり合体したりすることがあります。この画像は、二つの渦巻銀河がまさに衝突しつつある現場をハッブル宇宙望遠鏡がとらえたもので...
太陽系

木星の大赤斑は小さくなっている

木星の南半球で最も目立つのは大赤斑という巨大な渦模様です。その大赤斑は近年、しだいに小さくなっているのが観測されています。 大赤斑の大きさはかつ...
銀河宇宙

新しく生まれた星が存在する楕円銀河M59

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた楕円銀河M59(NGC 4621)。ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です...
太陽系

三つのガリレオ衛星が木星に落とす影

木星の前をいくつかの衛星が横切っています。ハッブル宇宙望遠鏡が近赤外線で撮った疑似カラーの映像です。 最初に中央やや上にみえる青っぽい点が衛星ガ...
銀河宇宙

銀河系よりもやや小さな渦巻銀河M74

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河M74(NGC 628)。うお座の方向、約3200万光年の距離にある銀河です。 M74は、地球に対してほぼ真...