溶岩流の跡か? 火星の巨大火山にはさまれた地域にある溝状地形

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえたオリンピカ・フォッサ。「フォッサ」とは溝状にくぼんだ地形のことです。オリンピカ・フォッサは火星のタルシス地域、アルバ山とオリンポス山という二つの巨大火山の間の火山平原にある複雑な溝状地形です。

画像中央付近の湾曲は、この溝が液体の流れによって形成されたことを示しています。オリンピカ・フォッサがある場所やその他の表面の地形から、水ではなく溶岩が流れてできたと見られています。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています