ボイジャー1号がとらえた木星と3つのガリレオ衛星

木星とイオ、エウロパ、ガニメデ

NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は、1979年3月5日に木星へ最接近しました。この画像は、最接近の1か月前の2月5日に撮影されたもので、撮影時、ボイジャー1号は木星から2840万km離れたところに位置していました。

画像には、木星と、四つのガリレオ衛星のうちの3つが映っています。木星と重なってみえているのは、ガリレオ衛星の中で最も内側を公転するイオです。木星の左側にはエウロパが、左下にはカリストが映っています。

ボイジャー1号の旅の軌跡はこちらをご覧ください。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00358

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています