ボイジャーがとらえた木星の大赤斑

ボイジャー1号がとらえた木星の大赤斑とその周辺部。1977年9月に打ち上げられたボイジャー1号は、79年3月に木星に最接近しました。

大赤斑は、木星の南半球にある巨大な渦模様です。反時計回りの高気圧性の渦で、少なくとも180年以上は木星表面に存在し続けています。ボイジャーが観測した当時は地球が2~3個入ってしまうほどの大きさでした。大赤斑の大きさは現在、以前より小さくなっていることが知られています。

Image Credit: NASA/JPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA01384

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています