大マゼラン銀河のタランチュラ星雲 〜 チャンドラX線望遠鏡打ち上げ20周年記念画像

1999年7月23日に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)のチャンドラX線望遠鏡は、今年(2019年)7月23日に打ち上げ20周年を迎えました。上の画像は、打ち上げ20周年を記念してリリースされた画像の中の1枚で、大マゼラン銀河にあるタランチュラ星雲をとらえたものです。

活発な星形成領域であるタランチュラ星雲では、何千もの大質量星が強力な放射線や恒星風を生み出しています。また短命な大質量星が超新星爆発を起こしています。チャンドラは、大質量星からの恒星風や超新星爆発によって数百万度にも熱せられたガスを検出しました。チャンドラのこの画像では、赤が低エネルギー、緑は中間、紫が高エネルギーのX線をあらわしています。

Image Credit: NASA/CXC/Penn State Univ./L. Townsley et al.

https://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/images/30-doradus.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています