赤外線天文衛星WISEがとらえた“魔女の頭”

NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEが赤外線でとらえた「魔女の頭星雲(正式名称はIC 2118)」。魔女の姿にみえることから、そう名付けられた星雲です。オリオン座の方向、数百光年の距離にあると推定されています。

魔女の頭星雲は、近くの大質量星の光を受けて星雲内の塵が温められて、赤外線で輝いています。星雲の中では星が誕生しつつあります。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA17553


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています