ハッブル撮影の星形成領域AFGL 5180

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、ふたご座の星形成領域AFGL 5180。画像中央付近では大質量星が形成されており、画像右上と左下に伸びる一対の強力なジェットにより星雲内に空洞が形成されています。この星からの光は、空洞を照らすことでほとんどが逃げ出して、嵐雲を突き抜ける灯台の光のように私たちに届いています。

恒星は塵の多い環境で生まれます。塵の存在はこの画像のような素晴らしい景色を描き出していくれますが、塵に邪魔されて恒星をみることはできなくなります。

画像は2021年3月8日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, J. C. Tan (Chalmers University & University of Virginia), R. Fedriani (Chalmers University)
Acknowledgement: Judy Schmidt

(参照)ESA/Hubble