惑星探査機

宇宙開発

長周期彗星を待ちぶせするESAの新彗星探査機コメット・インターセプターが製造段階へ

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)は2022年6月8日、長周期彗星の探査を目指す彗星探査機「コメット・インターセプター」の製造が承認されたと発表しました。探...
太陽系

8つの惑星科学ミッションの延長をNASAが決定

2022年4月25日、終了が近づいている8つの惑星科学ミッションについて延長を決定したとNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表しました。 ミッショ...
太陽系

2021年の太陽系探査機の話題を振り返る

2021年もあとわずか。アストロピクスでは2021年も天文・宇宙、太陽系、地球などに関する画像やニュースを紹介してきました。その中から太陽系の探査機に関するトピックスを振り返ります。
宇宙開発

ボイジャー2号の主な成果は? 今どこに?

Image Credit: NASA/JPL-Caltech NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機。ボイジャー1号は木星と土星の探査を行いましたが...
宇宙開発

木星のトロヤ群小惑星を目指す探査機ルーシー

木星のトロヤ群小惑星を目指すNASA(アメリカ航空宇宙局)の探査機ルーシーが、2021年10月16日に打ち上げられました。ルーシーはいつ、どの小惑星を探査するのか、搭載する観測装置などについてまとめました。
太陽系

ボイジャー1号の主な成果は? 今どこに?

木星や土星の観測成果、60億kmの距離から振り返って撮影した太陽系の「家族写真」、搭載するレコードなど、ボイジャー1号の概略を解説。ボイジャー1号の現在地情報も掲載。
宇宙開発

ルーシー探査機が運ぶ未来の人類へのメッセージ

かつて太陽系を探査したパイオニア10号、11号にはメッセージが書かれたプレートが、ボイジャー1号、2号には、さまざまな言語での挨拶や動物の鳴き声などを収録した...
宇宙開発

ESAの金星探査機EnVision、2030年代初頭に打ち上げへ

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の科学プログラム委員会(Science Programme Committee)は6月10日、ESAのMクラス(中規模)ミ...
宇宙開発

NASA、2機の金星探査機を2028〜30年に打ち上げへ

NASA(アメリカ航空宇宙局)は2021年6月3日、ディスカバリー計画の新たなミッションとして2機の金星探査機を選定したと発表しました。1つは「DAVINCI...
太陽系

ニュー・ホライズンズ探査機、史上5機目の50天文単位に到達!

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機が、2021年4月18日21時42分(日本時間)に太陽から50天文単位(太陽〜地球の50倍の距離、約...
太陽系

木星探査機ジュノーと火星探査機インサイト、ミッション延長が決定

NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーと火星探査機インサイトのミッションが延長されることになりました。科学分野、運用、ミッション管理などの専門家からなる独立調査委員会がミッションの継続を勧告したことを受けたものです。
太陽系

ニュー・ホライズンズ探査機の現在位置

本日、地球から遠く離れたニュー・ホライズンズ探査機がプロキシマ・ケンタウリやウォルフ359を撮影し、地球で撮影されたそれらの星の画像と比べることで視差を目に見える形で示してくれたという記事を掲載しました。今回の記事はその補足情報として、ニュー・ホライズンズ探査機の現在位置について紹介します。
アストロピクスをフォローする