太陽圏 | アストロピクス

太陽圏

太陽系

太陽圏の形を探るための探査機の最適ルートは?

私たちの太陽系は、「ヘリオスフィア(太陽圏)」に囲まれています。しかしヘリオスフィアの境界や形状について、はっきりしたことは分かっていません。ヘリオスフィアの形状を最終的に決定するには、ヘリオスフィアの外での測定が必要です。最新の研究によるとヘリオスフィアの「尾」の側面を通って太陽系を出るルートが最適とのことです。
宇宙開発

ボイジャー1号、2号の現在地は? 今どこにいるのか

ボイジャー1号、2号の現在位置。NASA Eyes on the Solar Systemより 1977年に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探...
宇宙開発

ボイジャー2号の主な成果は?

Image Credit: NASA/JPL-Caltech NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機。ボイジャー1号は木星と土星の探査を行いましたが、ボイジ...
太陽系

ボイジャー1号の主な成果は?

木星や土星の観測成果、60億kmの距離から振り返って撮影した太陽系の「家族写真」、搭載するレコードなど、ボイジャー1号の概略を解説。ボイジャー1号の現在地情報も掲載。
太陽系

史上初! 太陽圏(ヘリオスフィア)の境界の3次元地図を作成

アメリカ、ロスアラモス国立研究所のDan Reisenfeld氏らは、太陽圏(ヘリオスフィア)の境界を測定し3次元の地図を作成したと発表しました。 Image ...
太陽系

ボイジャー1号が太陽圏外で、星間物質のかすかな「音」を聴いていた

1977年に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星探査機ボイジャー1号は、今でも交信を続けながら地球から227億4500万km以上離れたところを航行...
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.8万超 アストロピクスをフォロー!