火星の大峡谷 マリネリス峡谷

1970年代に火星に送り込まれたNASA(アメリカ航空宇宙局)のバイキング探査機(周回機)がとらえた画像をもとに作られた火星の画像。2500km上空から火星表面を見たような画像になっています。

画像中央を横切るように「マリネリス峡谷」が映っています。マリネリス峡谷は、長さ2000km以上、深さ8kmにも及ぶ巨大な峡谷です。地殻変動によりできた亀裂だと考えられています。画像左の方に縦に並ぶ三つの赤褐色の楕円は「タルシス三山」とも呼ばれる三つの火山です。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

https://mars.nasa.gov/resources/6453/valles-marineris-hemisphere-enhanced/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています