かに星雲

超新星

2つの超新星残骸「かに星雲」「カシオペヤ座A」のタイムラプス動画 NASAが公開

2つの有名な超新星残骸の動画をNASA(アメリカ航空宇宙局)が公開しました。一つは「かに星雲(M1)」、もう一つは「カシオペヤ座A」の動画です。どちらも20年以上にわたり稼働してきた、NASAのチャンドラX線望遠鏡のデータをもとに作成されました。
超新星

超新星残骸「かに星雲」をジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえた

超新星残骸である「かに星雲」を、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえた画像が公開されました。 かに星雲は、おうし座の方向、6500光年離れたところにあります。...
超新星

キットピーク国立天文台で撮影された「かに星雲」

この画像に映っているのは「かに星雲(M1)」。キットピーク国立天文台の口径4mメイヨール望遠鏡で撮影されました。かに星雲は、1054年に観測された超新星(SN ...
星雲

ESOの新装置が映し出した「猫の手星雲」と「かに星雲」

これらの画像は、1枚目が「猫の手星雲(NGC 6334)」、2枚目が「かに星雲(M1)」を映したものです。ESO(ヨーロッパ南天天文台)が運用するAPEX(アタ...
超新星

超新星残骸かに星雲の形が3次元的に再現された

3次元的に再構成したかに星雲。左は地球から見たときの形で、右は別の角度から見たもの。Credit: Thomas Martin, Danny Milisavlj...
超新星

ハッブル、スピッツァー、チャンドラの画像をもとに、超新星残骸「かに星雲」の立体構造が可視化された

2020年1月5日にリリースされた「かに星雲」の最新画像です。チャンドラX線望遠鏡がとらえたX線(青)、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた可視光(黄)、スピッツァー宇...
超新星

超新星残骸「かに星雲」 〜 さまざまな波長の合成画像

さまざまな波長でとらえた画像を合成して作られた「かに星雲」の画像。かに星雲は、おうし座の方向、6500光年の距離にあります。 質量が太陽の8倍以上の恒星は、大爆...
超新星

1054年に観測された超新星爆発の残骸 かに星雲

おうし座の方向、6500光年の距離にある「かに星雲」をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像。 質量が太陽の8倍以上の恒星は、大爆発(超新星爆発)を起こして一生を終え...
記事をシェアする