1054年に観測された超新星爆発の残骸 かに星雲

I

おうし座の方向、6500光年の距離にある「かに星雲」をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像。

質量が太陽の8倍以上の恒星は、大爆発(超新星爆発)を起こして一生を終えます。かに星雲は、1054年に観測された超新星の残骸です。差し渡し6光年ほどの範囲まで残骸は広がっています。中心部には超新星爆発の後に残された中性子星が存在しています。

1054年の超新星は日本や中国で記録が残っており、日本では藤原定家の『明月記』に記録が残されています(ただし1054年には藤原定家はまだ生まれていません)。

Image Credit: NASA, ESA, J. Hester and A. Loll (Arizona State University)

https://hubblesite.org/contents/media/images/2005/37/1823-Image.html