2001マーズ・オデッセイがとらえた、かつての大洪水の痕跡地形

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが、火星のシャルバタナ峡谷の一部をとらえた画像です。

シャルバタナ峡谷は、マリネリス峡谷の東端付近の北側に広がるクサンテ大陸にあります。この画像に映る地域のはるか南側からの大洪水によって削られてできた「アウトフローチャネル」と呼ばれる地形です。シャルバタナ峡谷をはじめとして、この地域の水路は全て、北側にあるクリュセ平原へと流れ込みます。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA23742

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています