秒速100kmで故郷を飛び出した逃走星

NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEが、逃走星である「ぎょしゃ座AE星」を赤外線でとらえた画像です。

逃走星とは、超新星爆発や他の星との接近などによって、元いた場所から飛び出してしまった星のことです。

ぎょしゃ座AE星はもともと、オリオン座のトラペジウム星団で、はと座μ(ミュー)星とともに連星系をなしていたとみられています。約250万年前に別の連星系と衝突して、ぎょしゃ座AE星とはと座μ星が、それぞれ反対方向に秒速100kmで飛び出してしまったのです。

青とシアンは3.4μmと4.6μmの波長の光で、主に星からの放射を示しています。緑は12μmの波長の光で、電離したガスを示しています。赤は22μmの波長の光で、塵からの放射を示しています。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/UCLA

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA13447

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています