国際宇宙ステーションからみた冬の富士山

2016年2月8日に、高度396kmを飛行中のISS(国際宇宙ステーション)から撮影された富士山の写真です。標高の高いところは雪におおわれています。写真中央に山頂の火口が、その下に宝永火口が映っています。

撮影時刻は日本時間の午後3時45分ごろ。2月のその時刻、すでに日が傾いているため、山などの陰影がくっきり映し出されています。

https://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=ISS046&roll=E&frame=35820

Image Credit: Image courtesy of the Earth Science and Remote Sensing Unit, NASA Johnson Space Center

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています