火星のハート・マーク

太陽系の天体で“ハート”といえば、最近では冥王星のスプートニク領域が有名ですが、他の天体にも“ハート”は存在しています。バレンタイン・デーも近づいていますので、今日は火星にあるハート形の地形を紹介します。

画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが撮影した画像です。クレーターのように見えるかもしれませんがそうではなく、この“ハート”は地溝内にできたくぼみです。ハート形のくぼみの幅は最大2.3kmほどあります。地溝とは2つの断層の間にある溝状の地形のことで、その断層の崖がハート形の左上と右下に斜めに走っているのも映っています。

Image Credit: NASA/JPL/MSSS

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA01342

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています