火星のエオス谷の南にあるカオス

火星のマリネリス峡谷の東側、エオス谷(Eos Chasma)の南にあるカオス地形を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイがとらえた画像です。

火星のカオス地形は、上部が平らで急斜面に囲まれたメサという地形と深い谷が混在しています。時間とともに侵食が進み、谷は広がりメサは小さくなっていきます。画像に映る地域では、上の方は侵食によってメサが小さくなっており、下の方は急斜面に囲まれたメサが見られます。

エオス谷の位置については、過去記事「火星の高度マップ」に掲載した地名入り高度マップをご覧ください。

なお画像のコントラストは編集部で調整してあります。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Planetary Photojournal

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています