超新星残骸

スポンサーリンク
星・星雲・星団

大マゼラン銀河の超新星残骸DEM L249 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

この画像は2022年5月9日に、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」としてリリースされたもので、大マゼラン銀河...
星・星雲・星団

X線偏光観測衛星IXPEのファーストショット 〜 超新星残骸カシオペヤ座A

この画像に映っているのは、超新星残骸カシオペヤ座Aです。マゼンタはX線偏光観測衛星IXPEがとらえたX線の強度、青はチャンドラX線望遠鏡がとらえた高エ...
星・星雲・星団

チャンドラなどが見た超新星残骸「カシオペヤ座A」

チャンドラX線望遠鏡のX線データと、他の望遠鏡のデータを組み合わせて作成された画像が5点、2022年2月2日に公開されました。この画像はそのうちの1枚...
星・星雲・星団

ハッブルがとらえた大マゼラン銀河の超新星残骸DEM L249

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡が大マゼラン銀河にある超新星残骸DEM L249をとらえたものです。DEM L249は、Ia型超新星爆発の残骸だと考えら...
星・星雲・星団

逆行衝撃波が中心まで達している超新星残骸「G344.7-0.1」

この画像は超新星残骸「G344.7-0.1」をとらえたものです。G344.7-0.1は、さそり座の方向、約1万9600光年の距離にあります。チャンドラ...
星・星雲・星団

星形成領域や超新星残骸などを「音」で聴く

望遠鏡で得られた宇宙のデータは、ほとんどの場合、グラフや画像などに変換されます。データを目で見えるように「可視化」するのです。上の映像は、言語以外...
星・星雲・星団

ESOの新装置が映し出した「猫の手星雲」と「かに星雲」

これらの画像は、1枚目が「猫の手星雲(NGC 6334)」、2枚目が「かに星雲(M1)」を映したものです。ESO(ヨーロッパ南天天文台)が運用...
星・星雲・星団

宇宙に浮かぶ「手」のような超新星残骸

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のチャンドラX線望遠鏡が、超新星残骸MSH 15-52(青く見える部分)と星雲RCW 89(赤く見える部分)...
星・星雲・星団

天の川銀河で最も新しい超新星残骸カシオペヤ座A

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた超新星残骸カシオペヤ座A。カシオペヤ座の方向、約1万光年の距離にあります。画像はハッブル宇宙望遠鏡のACS(掃天観測用高性...
星・星雲・星団

ハッブルがとらえた、さらに美しさを増したヴェール星雲

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「ヴェール星雲(網状星雲)」の画像です。ヴェール星雲は、はくちょう座の方向、およそ2100光年の距離にある超新星残骸です。...
星・星雲・星団

超新星残骸かに星雲の形が3次元的に再現された

3次元的に再構成したかに星雲。左は地球から見たときの形で、右は別の角度から見たもの。Credit: Thomas Martin, Danny Milisavl...
星・星雲・星団

ハッブルのデータから時計の針を巻き戻し、超新星爆発の年代と場所を特定!

この画像にはハッブル宇宙望遠鏡がとらえた超新星残骸1E 0102.2-7219(1E 0102)が映っています。この超新星残骸は、天の川銀河の伴銀河で...
アストロピクスをフォローする