1億1000万光年先の特異渦巻銀河NGC 772 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 772。おひつじ座の方向、1億1000万光年の距離にあります。明るく光る銀河の中心部から渦巻くように渦状腕が伸び、その渦状腕に沿うように塵が分布しています。また渦状腕にはところどころに明るく輝く星形成領域も映し出されています。

伴銀河を伴うことも含め、NGC 772には私たちの住む天の川銀河との共通点もありますが、天の川銀河とは異なり銀河の中央部に棒状の構造はみられません。また上の画像ではみえていませんが、NGC 772の渦状腕の1つは伴銀河の影響でゆがんで分断されており、銀河全体の形は非対称な特異渦巻銀河となっています。

この画像は、2019年11月11日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Seth et al.

https://www.spacetelescope.org/images/potw1945a/