アストロピクス「星・星雲・星団」関連記事

超新星

チャンドラX線望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡でとらえた超新星残骸LMC N63A

2019年10月30日、チャンドラX線望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡の画像を合成した天体画像が6点、公開されました。それらの画像は、ジュディ・シュミット氏によって作...
星雲

チャンドラとハッブルでとらえた星団NGC 1929と星雲LHA 120-N 44

2019年10月30日、チャンドラX線望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡の画像を合成した天体画像が6点、公開されました。それらの画像は、ジュディ・シュミット氏によって作...
超新星

チャンドラX線望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡でとらえた超新星残骸N103B

2019年10月30日、チャンドラX線望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡の画像を合成した天体画像が6点、公開されました。それらの画像は、ジュディ・シュミット氏によって作...
星雲

赤外線天文衛星WISEがとらえた“魔女の頭”

NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEが赤外線でとらえた「魔女の頭星雲(正式名称はIC 2118)」。魔女の姿にみえることから、そう名付けられた...
星雲

馬の頭の形をした暗黒星雲「馬頭星雲」 ハッブル打ち上げ11周年記念画像

オリオン座の馬頭星雲をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。馬頭星雲はその名の通り、馬の頭に似ていることから名付けられました。ガスと塵からなる暗い星雲で、オリオ...
超新星

チャンドラX線望遠鏡がとらえたティコの超新星残骸の最新画像

NASA(アメリカ航空宇宙局)のチャンドラX線望遠鏡がX線でとらえたティコの超新星残骸の画像です。カシオペヤ座の方向、1万3000光年の距離にあります。 157...
惑星状星雲

翅を広げた蝶のような惑星状星雲NGC 6302

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC 6302。まるで翅を広げた蝶のようです。さそり座の方向、3800光年の距離にあります。“蝶の翅”は2光年以上にわた...
星雲

スピッツァーとハッブルの画像を合成して作られた、抽象画のようなオリオン星雲

抽象的な絵画のようなこの画像は、スピッツァー宇宙望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡の画像を合成して作られたオリオン星雲の画像です。赤外線、紫外線、可視光で撮影したデータ...
星・星雲・星団

稀な分子が放つ電波を観測し、原始惑星系円盤のガスの量を正確に求めた

上の画像は、HD163296という若い星を取り巻く原始惑星系円盤をアルマ望遠鏡がとらえたものです。赤は多重リング構造をした塵、青は12C16Oという一般的な一酸...
太陽系外惑星

1995年、系外惑星が初めて発見された 〜 2019年ノーベル物理学賞

2019年のノーベル物理学賞は、ジェームス・ピーブルス氏、ミシェル・マイヨール氏、ディディエ・ケロー氏の3人が受賞しました。このうちマイヨール氏とケロー氏の2人...
星・星雲・星団

宇宙のプレッツェル 〜 アルマ望遠鏡がとらえた赤ちゃん星の連星系

アルマ望遠鏡がとらえた2つの赤ちゃん星からなる連星系が、まるで焼き菓子のプレッツェルのような形をしていました。この連星系は、暗黒星雲バーナード59の小さな星団に...
星雲

若い大質量星が作り出した、ガスと塵の雲の中の多数の泡

NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたガスと塵の雲。銀河系内、わし座の方向にあります。画像には、若い大質量星からの恒星風と放射...