ESO超大型望遠鏡がとらえた美しき宇宙の蝶

ほ座の方向、3000〜6500光年の距離にある惑星状星雲NGC 2899。ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLT(超大型望遠鏡)で撮影されました。ガスが蝶のように広がっているのが印象的な画像です。

太陽程度の質量の星は年老いると赤色巨星となり、やがて外層のガスがゆっくりと離れていきます。まわりに広がったガスが、中心の星からの紫外線を受けて輝くようになった天体が惑星状星雲です。

NGC 2899のガスは、中心から最大2光年まで広がっています。酸素ガスの青い輝きのまわりで水素ガスが赤く輝いています。

NGC 2899の中心には2つの星があると考えられています。一方の星が寿命を終えて外層のガスを放出したのち、もう一方の星がガスの流れを妨げたことで、この画像に見られるようなガズの泡が2つふくらんだような形になったとみられています。

この画像は、教育やアウトリーチを目的とした「ESO Cosmic Gems(ESO宇宙の宝石)」プログラムの一環として撮影されたものです。

Image Credit: ESO

ESO

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています