天の川銀河にそっくり!? 120億年前の宇宙でバルジと円盤をもつ銀河を発見!

アルマ望遠鏡の観測によって、120億年前の宇宙で天の川銀河のような銀河が発見されました。観測された銀河SPT0418-47は、渦状腕があるかどうかは分かりませんが、少なくともバルジと回転する銀河円盤という、天の川銀河に典型的な2つの特徴を備えています。宇宙初期の銀河はまだ形成途中で、渦巻銀河のようなはっきりした構造を持った銀河はなかったとみられており、今回の発見は予想外のものでした。

冒頭の画像は、今回アルマ望遠鏡で観測された銀河SPT0418-47です。天の川銀河とは似ても似つかないリング状ですが、これは重力レンズを利用した観測で得られた画像だからです。

光は重力によって曲がります。遠くにある天体と地球の間に別の天体があると、その手前側の天体の重力によって、遠くの天体からの光が曲がります。このような効果を「重力レンズ」といいます。

研究チームは、アルマ望遠鏡で得られたデータを元に、SPT0418-47の元の姿とガスの動きを再構築しました(上の画像)。その結果SPT0418-47は、中央にバルジがある円盤銀河で、銀河中心のまわりを物質が回転していることが分かりました。

遠方の銀河を研究することは、銀河の形成や進化を理解する上で重要です。今回の発見は、初期の宇宙がこれまで考えられていたほど無秩序ではなかったことを示唆しています。

Image Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Rizzo et al.

(参照)ESO

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています