水星のヨシカワ・クレーター

右上に映るクレーターは、水星にある「ヨシカワ・クレーター」です。クレーターの名前は、小説家の吉川英治にちなんで名付けられました。水星のクレーターには、世界中の芸術関係の人の名前がつけられています。

ヨシカワ・クレーターは直径約30kmで、80.79度という高緯度地域にあるクレーターです。比較的若いクレーターだとみられており、クレーターの底の一部は永久影になっていて氷が存在するかもしれないと考えられています。

画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の水星探査機メッセンジャーが、2013年11月7日に撮影したものです。

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Carnegie Institution of Washington

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA17770

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています