20回目の最接近時にジュノーがとらえた木星の北半球

木星の北半球をとらえた画像です。NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが撮影した四つの画像を元に作成されました。色やコントラストが強調され、雲のうねりなどがおどろおどろしい雰囲気をかもし出しています。木星中央の右側に、立体的にみえる白い雲がありますが、このような雲のことを、ジュノー探査機のチームでは“ポップアップ”雲と呼んでいるそうです。

ジュノー探査機は、53日間で木星を1周する軌道をまわっています。その軌道は、木星に最も近づくときは雲頂から5000kmほど、遠ざかるときは800万kmほどになります。上の画像は、2019年5月29日に行われた20回目の最接近の際に得られたデータをもとに、市民科学者Kevin M. Gill氏が作成したものです。元画像を撮影したとき、ジュノーは木星の雲頂1万8600~8600kmの距離にいました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin M. Gill

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA22949


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています