ほ座の球状星団NGC 3201

ESO(ヨーロッパ南天天文台)のラ・シヤ天文台にあるMPG/ESO 2.2m望遠鏡で撮影された球状星団NGC 3201。ほ座の方向、約1万6000光年の距離にあります。球状星団は数百万個の星が集まってできた星団です。天の川銀河には球状星団が150個ほど見つかっています。球状星団は非常に古い天体で、おそらく天の川銀河と同時期に形成されたと考えられています。

2008年8月21日にリリースされた、ESOの「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESO

(参照)ESO

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています