ニュー・ホライズンズ

太陽系

ニュー・ホライズンズ探査機、史上5機目の50天文単位に到達!

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機が、2021年4月18日21時42分(日本時間)に太陽から50天文単位(太陽〜地球の50倍の距離、約7...
銀河宇宙

「宇宙はどれくらい暗いのか」を測定し見えない銀河の数を推定

宇宙には銀河がどれくらいあるのでしょう。宇宙にはハッブル宇宙望遠鏡を使っても観測できないほど暗い銀河もたくさんあります。そのような見ることができない銀河は2兆個...
準惑星

冥王星の山々の氷は地球とは異なるプロセスで形成!

2015年のニュー・ホライズンズの観測により、メタンの氷で覆われた山々が冥王星にあることが分かりました。 上の画像は、冥王星のピガフェッタ山脈に積もるメタンの氷...
太陽系

アロコスはどうして“平らな雪だるま”のような形になったのか?

この画像に映っているのは、NASAのニュー・ホライズンズ探査機が2019年1月1日に撮影した太陽系外縁天体アロコス(以前はウルティマ・トゥーレと呼ばれていました...
太陽系

猛暑お見舞い 〜 太陽系の“氷”画像を紹介

このところ連日猛暑が続いていますので、少しでも涼しい気分になっていただきたく、太陽系の氷関係の画像を6点ほど紹介します。それぞれの画像について詳しく知りたい方は...
太陽系

ニュー・ホライズンズ探査機の現在位置

本日、地球から遠く離れたニュー・ホライズンズ探査機がプロキシマ・ケンタウリやウォルフ359を撮影し、地球で撮影されたそれらの星の画像と比べることで視差を目に見える形で示してくれたという記事を掲載しました。今回の記事はその補足情報として、ニュー・ホライズンズ探査機の現在位置について紹介します。
星・星雲・星団

史上初! ニュー・ホライズンズが恒星の視差を見える形で示してくれた

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機は現在、地球から69億km以上離れたところを航行しています。そのニュー・ホライズンズ探査機が4月22日...
木星

冥王星に向かう途中、ニュー・ホライズンズがとらえた木星とイオ

2006年1月に打ち上げられたNASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機は、冥王星に向かう途中の2007年2月28日に木星へ最接近しました。上の...
準惑星

冥王星の氷の大氷原「スプートニク平原」

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星。「トンボー領域」と呼ばれるハート形の西半分の「スプートニク平原」と呼ばれる氷原が映っ...
太陽系

ニュー・ホライズンズ探査機がとらえたカイパーベルト天体「アロコス」

NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機は、2019年1月1日にカイパーベルト天体「アロコス(2014 MU69)」に最接近して観測を行いまし...
準惑星

ニュー・ホライズンズがとらえた冥王星の衛星カロン

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機が冥王星の衛星カロンをとらえたものです。ニュー・ホライズンズは2015年7月14日に冥王星...
準惑星

青く浮かび上がった冥王星のもやの層

この画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)のニュー・ホライズンズ探査機がとらえた、冥王星のもやの層をとらえたものです。ニュー・ホライズンズは2015年7月14日...